肋間神経痛の症状は人によってさまざまです。その中でも「みぞおちが息苦しい感じがする」「みぞおちが痛い」という肋間神経痛の症状は、よく聞く症状です。あなたの肋間神経痛の症状はどのようなものでしょう?「みぞおちあたりが息苦しい」とか「みぞおちが痛い」というような症状でしたら、是非、続きを読んでみてください。

肋間神経痛の症状、みぞおちが痛い理由

神経学的にいえば胸椎(脊椎の胸の部分)で、なんらかの異常が起こっていることが、主な痛み、息苦しく感じる原因とされています。それは、肋骨まわり、そして、みぞおちの神経は、同じ胸椎で束ねられているからです

胸椎から出ている神経は背中から胸・胸の真ん中、みぞおちまで広く分布しています。だからこそ肋間神経痛で、これらの部位が痛くなるのは当たり前のことなのです。

肋間神経痛の症状と息苦しさ

肋間神経痛の症状として、「息苦しい」と感じられる方もいます。息苦しさは、肋間神経痛の症状とは、全然関連性がないように思えます。でも、実は、「息苦しさ」と「肋間神経痛」は非常に関係あるのです。

その理由をご説明します。

少しおおげさじゃないか?と感じられるかもしれない話ですが、人間には、何らかの原因で、痛みや苦痛を受けると、それらを無意識に抑制しようとする作用(反応)があります。

例として、足首をねんざしてしまった場合でご説明します。

足をねんざしてしまうと、いつも通りの姿勢では歩けませんね。でも、痛みを我慢すれば、いつもどおりの姿勢で歩くこともできるんですね。

つまりこれは、いつもどおりの姿勢で歩くと、捻挫した部分に負荷がかかってしまう。そうすると「症状が悪化してしまう。より痛みが増してしまう」と判断した身体が無意識にねんざした足への負担を減らし、痛みを少しでも感じないようにしているのです。

肋間神経痛と息苦しさも同じことが言えます。

肋間神経痛の症状としては、人により、普通に呼吸するだけでも痛みが出たりすることがあります。ですので、深呼吸などもってのほか。強い痛みを生じてしまいます。そういった場合、身体は痛みを出したくない、少しでも軽い痛みで済ませたいと、無意識に呼吸を浅くします。

呼吸が浅ければ、肋間筋・肋骨の動きは、小さな動きですむため、当然痛みも抑制できるわけです。ですので、肋間神経痛で息苦しい場合は、とくに心配する必要はないとも言えます。

但し、「息苦しさ」全部が肋間神経痛を抑えるためのものではないことは、あなたもご存じだと思います。もしも原因が心臓だったら大変です!

ですので、あまりに息苦しさを感じられるのでしたら、なるべく早く専門医に診てもらい、正確な診断を受けて、正しい治療を受けられることをおススメします。

肋間神経痛の治療、ツボでの治し方

👿 肋間神経痛の症状とは?に戻る

肋間神経痛の症状、治し方など、関連記事はこちら↓↓↓